テーマを持って風俗を楽しむ男の体験談です。

風俗で記録を更新したいと思ってみた

毎回自分自身でテーマを持って風俗を楽しむようにしています。ただ抜いてもらうよりも、何かしらテーマがあった方がゲーム感覚で楽しめるじゃないですか。だから常にそうやって風俗を楽しんでいるんですけど、前回のヘルスでは何発抜けるのかに挑戦してみました。そのヘルスの待合室には60分で5発って張り出されていたんですよ。前回のイベントの時にとあるお客さんが記録したらしいですが、丁度自分も60分コースだったのもあって、これにチャレンジしてみようと。正直微妙かなって思ったんです。それに回数にこだわってしまうと質がどうしても落ちるじゃないですか。だからあまり良くないかなって思ったんですけど、相手をしてくれたHの協力の元、しっかりと5発発射してきました。最後の方はイクという感覚だけで精子そのものは出ていなかったと思うんですけど、それでもタイ記録という事で一応の満足感のようなものはありますね。次こそはこの記録を抜きたいものです(笑)

風俗嬢とのムードが最高だった

風俗嬢もいろいろな形でこちらを楽しませてくれますが、自分が好きなタイプは雰囲気作りの上手な子ですね。「風俗の時間」っていうよりも、恋人同士かのようなムードを演出してくれるような子。それが自分にとって理想の風俗嬢でもあるので、女の子を選ぶ時にはそこを重視しますよね。やっぱり風俗って女の子によってどんな時間になるか違ってきますから、女の子選びは真剣ですし、良いなって思った女の子の事はしっかりと憶えておくようにはしていますよね。だってそこからどんな展開になるのかっていうのは本当に分からないじゃないですか。ましてやこちらがお金を出す側でもあるんですから、それだけはしっかりと覚えておかなければならない部分だなって自覚しているんですよ。丁度この前、お気に入りの一人でもあるHと遊んできました。彼女はその時間だけ恋人のように接してくれるのはもちろんですけど、細かい配慮もしてくれる子なので満足感でいっぱいの時間になるんですよ。